注目されるセントマーケティング:新型コロナウイルス蔓延下で急成長する「ScentAir社」


ビジネス社会において、2020年は労働環境における「空気の質」に対する需要が高まった年はありません。

パンデミックがある程度コントロールされている中国では、空間品質に加え、顧客満足度を改善するためのセントマーケティングが注目されています。ScentAir社のセントマーケティングソリューションはもはや多くのメディアが無視できない存在となりました。

全世界でおよそ3億3千万人の読者数を抱えるChina Daily(チャイナデイリー)は今回、ScentAir社をセントマーケティングの世界的リーディングカンパニーとして紹介してきます。

新型コロナウイルスが蔓延する状況下、ScentAir社アジア太平洋地域担当の副社長であるクロエ・ホイ(Chloe Hui)は「ホスピタリティが我々の主軸であり、この基本理念がお客様と会社を好転させています。」と述べています。中国では、ホスピタリティ分野が海外旅行よりも国内旅行に依存していることから、国内の消費量がV字型の回復を見せています。

「その他多くの企業と同様に我々も新型コロナウイルス蔓延の影響を受けましたが、クリーンで心地よい空間に対する世界的な需要の高まりから、新たな需要を創造することができました。このトレンドは今後、我々の強みになるでしょう。間違いなく、一般消費者の皆様は以前と比べて外出を控えるでしょう。ということは、リテール店舗においては、来店する一人ひとりのお客様へのこころづかいがより重要になってきます。」

「フィットネスセンター、美容院やヘアサロンなどの接待業界も、消費者の満足度を向上させるためにセントマーケティングを導入し始めています」とホイ氏は述べた。

フレグランスの嗜好トレンドに対する意見を聞かれたホイ氏は、一般的に、中国人は淡いフローラルなフレグランスを好み、欧米においてはスパイスやウッド系などの強めのフレグランスが好まれる傾向であると述べてます。また、フレグランスへの興味は若い世代の間でも浸透しつつあるとも語っています。

「興味深いことは、グローバルな視点を持つ若い世代の富裕層においては、国内外のブランドを問わず、フレグランスに対しては非常にオープンな考え方を持っているということです。」と彼女は言っています。

この元となる記事は、新聞に2021年7月13日に掲載されたものです。記事のリンク

セントマーケティングついてのお問合せはこちらまでお気軽にお問い合わせください。

Contact Form

ご相談は随時お伺いいたします。