フレグランスの安全性

セントエアーはグローバルな顧客様にご利用いただいているフレグランスの安全性において常にリーダーシップを発揮することで積極的に責任をもって関わっています。 これが弊社の お客様へのコミットメントです。  

セントエアーフレグランスの安全基準 

グローバルワイドな組織として、セントエアー製品が無数の消費者様の生活に影響を与えていると理解しています。 世界有数のブランドの多くから弊社サービスを利用していただいております。 そして、弊社製品は最終的に何百万人もの最終消費者に届きます。 ですから、私たちはグローバル企業市民としての役割を非常に真剣に受け止めています。  

セントエアーは、使い心地の良い製品を提供することに専念しています。 私たちの周りだけでなく、家族にも、心地よい生活環境をお届けしたい。 その目標を達成するために、弊社は厳格な安全基準に対して責任を負います。 手を抜くことを容認しません。 使用する材料から配送方法まで、生産のあらゆるレベルで安全性を確保するために細部に渡り細心の注意を払っています。  

セントエアーのフレグランスには、毒素、既知の発がん性物質、呼吸器アレルゲンは含まれていません。 

さらに、セントエアーは以下を含む安全性および規制要件を満たしています。 

さらに、セントエアーは以下を含む安全および規制要件を満たしています。 

  • 国際フレグランス協会(IFRA)行動規範
  • 労働安全衛生局(OSHA)
  • 有害物質規制法(TSCA)に登録済み
  • カリフォルニア州環境保護庁有害物質管理局(OEHHA)によるカリフォルニア州プロポジション65
  • 米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)
  • 欧州REACH準拠
  • 韓国REACH準拠

私たちはこの世代と次世代の健康を確保する安全対策に取り組んでいます。 それが私たち自身へのコミットメントです。 そして、皆様へのコミットメントです。  


セントエアーは、次の 3つの方法でフレグランスの安全性に積極的に取り組んでいます。 

セントエアーがフレグランスの安全性を確保する方法 

セントエアーは、安全記録の維持と社会的責任への取り組みに常に積極的に取り組んできました。  

高い安全基準を維持するために、次の三又アプローチを採用しています。  

  • 内部規制 
  • 外部規制 
  • サプライチェーンコンプライアンス  

内部規制 

セントエアーは、規制基準を時には基準以上に満たしていることを誇りにしています。 常にコンプライアンスを確保するため、社内のフレグランス規制チームが各フレグランスの安全性を 直接監視しています。 チームメンバーは、 適切な安全文書のすべてが常に確認され、維持されていることを保証します。 また、安全性に関する問い合わせすべてに応じて カスタマーサービスを直接サポートしています。 セントエアーのお客様には、ご要望に応じて安全データシート(SDS)またはその他の安全文書に簡単に アクセス できるよう整えています。 

外部規制 

私たちには高い基準があります。 ただし、私たちが志している高い安全基準を どのように 達成できるのかは規制機関が支援をくれて認知できています。  香料は、消費者製品市場で最も高度なテストを経た成分を配合しています。 ほぼ50年間、フレグランス業界は安全性に関する責任を主導してきました。  フレグランス産業で使用される材料は、フレグランス材料研究所(RIFM)によって評価されています。 実際、RIFM安全プログラムは、環境保護庁(EPA)よりも長く実施されています。  

RIFMは、国際フレグランス協会(IFRA)と提携して、フレグランス成分の使用基準を確立しています。 IFRAメンバーである企業が定義された基準に準拠し、それらを実践することを保証します。 製品は、コンプライアンスを検証するためにいつでもテストされる状態にあります。 

セントエアーは、環境香料業界でIFRAの唯一のメンバーであることを誇りに思っています。 セントエアーのメンバーシップ検証は、IFRA Fragrance Creators Association メンバーページでご確認いただけます。 

セントエアーが準拠している 規制機関の一部は次のとおりです。 

  • IFRA(国際香粧品香料協会)のメンバー会員 
  • 有害物質規制法(TSCA)に従うEPAに登録済み 
  • 米国カリフォルニア州大気資源局(CARB:California Air Resource Board)によって定められた揮発性有機化合物(VOC)ガイドラインに準拠 
  • 弊社のフレグランスには、以下の規制機関によって発がん性があることがわかっている成分は含まれていません。  
    • 米国国家毒性プログラム(NTP)2  
    • 国際がん研究機関 (IARC)3  
    • 労働安全衛生庁(OSHA)4  

サプライチェーン コンプライアンス 

セントエアーは、信頼できる業界リーダー達から香りを調達しています。 これらのフレグランス企業はセントエアーと同じ規制対象です。 規制機関へのコンプライアンスを維持するパートナーと独占的に協力することを優先事項としています。  したがって、フレグランスの開発から、セントエアーの倉庫から出荷される瞬間までサプライチェーンの各レベルが規制慣行に準拠していますのでご安心ください。  

Contact Form

今すぐ無料相談を受けましょう