セントマーケティングは香りを届けるだけではありません


セントマーケティングによるぶランディング戦略は多くのマーケティング部門で注目されています。しかし、セントマーケティング戦略に取り込むブランドが増えるにつれ、香りのマーケティングは単に物理的な空間に香りを付けるだけではないことに注意することが重要です。

アジア太平洋地域のマーケティングコミュニケーション業界で定評があり、プレミアムアーティクルとして有名な、キャンペーンアジアパシフィックによる最近の記事で、ScentAir社がセントマーケティングを理解するための指標として取り上げられました。

多くの有名ブランドは、どのように独自のフレグランスを開発しているのでしょうか。ScentAir社のアジアパシフィック担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるChloe Hui氏は、ScentAir社には、ブランドの主要要素を特定することから始めるとともに、独自のフレグランスキュレーションのためのシステムが整っていることを明らかにしました。2,500以上のフレグランスコレクションから香りがオーダーメイドで調整されます。これらの香りは“relaxing and soothing”や“luxurious and sophisticated”などのカテゴリに分類され、クライアントがこれらの一般的なカテゴリ以外の香りを希望する場合、ScentAir社は協力してそのクライアント専用のものを開発します。

文化や普遍性も考慮されます。特定の地域の人々は特定の香りに親しみがあり、その香りに慣れていない地域外の人々とは異なる反応する可能性があるためです。個々のビジネスシーンのテイストに合わせ、クリーンで軽い香りがする日本のコレクションや、カジノの常連客を満たすより強い香りのマカオのコレクションなど、ScentAir社は一般化された文化ごとの好みに基づいた香りのコレクションも常備しています。

安全性は、香りのマーケティングに関して真剣に考慮すべき要素の一つです。ますます多くのマーケターが香りの力を活用している状況にもかかわらず、地域毎のセントマーケティングに関する認識と教育は本来あるべきレベルには到達しておらず、あまりにも多くのブランドが消費者の安全を損なう可能性のある偽物の成分で作られた安い香水で落ち着いてしまっている、とHui氏はコメントしています。

元記事は2021年8月3日に公開されました。ストーリー全体はこちらを参照ください

 セントマーケティングにご興味がある方は是非弊社までご連絡ください