scent marketing strategy

センサリーマーケティング:五感を使ったマーケティング戦略とは?


多くの人がマーケティングを考える時、最も目立つのは視覚的な要素ではないでしょうか。ビルボード、ウィンドウディスプレイ、雑誌、ビデオなどは、伝統的に最大かつ最高のマーケティングキャンペーンの大部分を占めてきました。

マーケティングや広告の世界は常に変化し、進化し続けています。ブランドが競合他社との差別化を図りたいのであれば、昔ながらの手法に頼るだけでは十分ではありません。

確かに、これまでのマーケティングは、視覚や聴覚を中心に行われてきましたが、これが変わり始めています。五感を使ったマーケティングは、徐々に新しい業界標準になりつつありますが、それには理由があります。

もし、あなたが1つや2つの感覚だけに焦点を当ててマーケティング戦略を行っているとしたら、それは間違っています。私たち人間が持つ五感は、すべてマーケティング戦略に活かすことができ、また活かすべきです。豊かで充実した顧客体験を提供するためには、あらゆる方法で顧客を喜ばせることが必要です。

いくつかの重要な感覚を完全に無視することは、お客様やブランドに悪影響を及ぼします。

今日は、センサリー・マーケティングについて詳しく見てみましょう。感覚マーケティングとは何か、どのように機能するのか、そしてそれをどのように活用してビジネスを活性化させることができるのか。

センサリー・マーケティング。それは何なのか、どのように機能するのか?

センサリー・マーケティングとは、その名の通り、様々な感覚を使ってマーケティング活動を行うことです。

神経科学の分野では、人間が世界とどのように関わっているかについて、常に知識が得られています。現在では、五感を刺激することが人間に大きな影響を与えることがわかっています。嗅覚、視覚、味覚、触覚、音などが、強い記憶や感情を引き起こし、その結果、私たちの行動に影響を与えることがあります。

強い感覚的な体験は、人に特定の製品を買いたいと思わせ、ブランドとの永続的なつながりを形成します。

センサリー・マーケティングはなぜ重要なのか?

センサリー・マーケティングは、ユニークで充実した顧客体験を提供するための素晴らしい方法です。しかし、純粋にマーケティングの観点から見ても、素晴らしい成果が期待できます。

センサリー・マーケティングは、エクスペリエンス・マーケティングを促進する手段として活用できます。 エクスペリエス・マーケティングとは、ブランドを宣伝する手段として消費者に体験を提供することです。ここ数年で最もホットなマーケティングトレンドのひとつであり、センサリーマーケティングは優れた体験型マーケティングキャンペーンに不可欠な要素です。

センサリー・マーケティングを活用することで、消費者の購買体験をより効果的に導くことができます。

例えば、カフェであれば、魅力的な香りでお客さまを店内に招き入れ、店内に入ると心地よい音楽が流れていて、お客さまの興味を引くことができます。

ディスプレイや装飾を視覚的に魅力的なものにしたり、 たくさんの質感や素材を使って視覚的に魅力的なものにします。陳列や装飾を視覚的に魅力的なものにして、見ている人を飽きさせません。 また、無料サンプルを提供することで、信頼関係を築き、購入への最後の一押しをすることができます。

最後に、センサリー・マーケティングは、あなたが望むブランドの構築に役立ちます。ミニマルな家具デザインの会社、優しい歯科医院。高級ホテル。これらのビジネスはすべて、ブランディングのニーズが大きく異なります。

ブランディングやマーケティング戦略に、5感のアプローチを取り入れることで、ブランドの具体的なビジョンをお客様の心の中に定着させることができます。

センサリー・マーケティングの事例

センサリー・マーケティングは、どんなマーケティング戦略にも有効です。しかし、私たちの言葉を鵜呑みにしないでください。ここでは、センサリー・マーケティングがどのように活用され、大きな成果を上げているのか、その一例をご紹介します。

視覚

ビルボードや紙媒体の広告だけでなく、視覚はさまざまな方法で、より感覚的なマーケティングを可能にします。例えば、アップル社です。

商品のデザイン、広告、実店舗など、すべての活動に一貫した強いビジュアルが存在しています。

「Apple」と聞いてすぐに想像するのは、洗練されたミニマルなデザインではないでしょうか。Appleはそのブランドイメージを、強力なビジュアルキューを使って、他の企業よりも鋭く調整してきました。

触覚(タッチ)

タッチは、マーケティング活動に取り入れるには不便な感覚かもしれませんが、多くの業界では必要不可欠な要素となっています。

車やソファ、パソコン、クッションなどを購入しようとすると、買う前に試してみたくなりますよね。ここでタッチの要素が出てきます。消費者は、自分が購入する商品について、安心感や信頼感を得たいと思っています。触れることで、そのような感覚を強化し、疑問を取り除くことができるのです。

それ以外にも、より革新的な方法で利用することができます。英国の百貨店セルフリッジは、新しいウェルネス商品のプロモーションのために、ロンドンの旗艦店の中にポップアップ・ジムを設置しました。お客さまは、ストレッチをしたり、汗をかいたり、五感を使ったヨガを体験したりして、雰囲気を味わいました。

味覚

味覚は、マーケティングにおいて見過ごされがちな感覚です。食べ物や飲み物とは関係のない商品であれば、どうやって味を取り入れることができるでしょうか?味覚は、自分の専門分野でなくても、さまざまな方法で活用することができます。

ホテル、不動産業者、カジノ、医院などでは、お客様に歓迎の気持ちを持ってもらうために、無料のお菓子を提供するのが最も簡単な方法です。

カジノでは、フロアにいるプレイヤーにフリードリンクを提供することがよくあります。また、不動産業者がオープンハウスにフルーツやクッキーを置いているのは、甘味と嗅覚のためです。また、口に入れるものを扱うブランドでは、無料サンプルや新しいフレーバーを提供することで、顧客を満足させることができると考えています。

音は、ブランドが特定の感情を呼び起こしたり、特定の行動を促したりするためによく使われます。お店にぴったりのプレイリストを選ぶだけでなく、ブランドが音を使ってイメージを調整し、記憶に残るようにする方法はたくさんあります。

例えば、任天堂の名作ゲームの冒頭で流れる音は、一目でそれと分かるものであり、慣れ親しんだ人には懐かしさや心地よさを感じさせるものです。

より現代的な例では、Visaはお客様がアプリで支払いをする際の音を慎重に作り込んでいます。調査によると、この音はお客さまにとってスピードと安心感を象徴するものだそうです。

嗅覚

嗅覚は、人間が最も強い反応を示すことが証明されている感覚です。マーケティングを行う上で、最も重要でアクセスの多い感覚のひとつであることを示す研究結果が豊富にあります。

アバクロンビー&フィッチの店舗では、大量の香水が使われていますが、これは香りのマーケティングを実践した有名な例です。香りは、あなたのビジネスに清潔感を与えるために使用することができ、ホテルや医院では非常に重要なことです。また、スパのように落ち着きを感じさせることもできます。また、目に見える形で購買者の行動に影響を与えることもできます。

あるケースでは、Dunkin Donutsのジングルが流れる中、韓国のソウル市内を走るバスに新鮮なコーヒーの香りを流しました。旅行者がバスを降りると、有名なドーナツブランドの広告が出迎えてくれました。その結果は?その結果、バスの沿線にある店舗の売上が29%増加しました。

センサリー・マーケティングは理にかなっている

センサリー・マーケティングは、顧客やクライアントに何か特別なものを与える素晴らしい方法です。その特別なタッチが、良いブランドと素晴らしいブランドの違いを生み出します。

ScentAir(セントエアー)は、香りのマーケティングにおける業界のリーダーのひとつです。私たちのサービスは、世界の100カ国以上で利用されており、私たちの情熱は、人々に香りのマーケティングを提供することです。

顧客満足度を向上させ、企業の知名度を高め、ブランドを際立たせるための新しい方法をお探しでしたら、 今すぐ、私たちに相談してみませんか?