五感を通して驚くようなカスタマーエクスペリエンスを創造しましょう。


オムニチャネルなリテール店においては、お客様への情報が飽和状態に達しています。お客様はこれまで以上に多くのチャネルで買い物をし、ブランドについて語り、多くのブランドと接点を持つことが可能で、ブランドそれ自体が情報に溺れてしまう可能性があります。では、マーケターはどのようにしてブランドを目立たせ、注目を集めることができるのでしょうか?

それは、顧客の五感を活性化させることです。特に嗅覚への働きかけは非常に効果的です。

五感を活性化することがマーケティングにおいてなぜ重要なのか、疑問に思われるかもしれません。手つかずの五感を活性化させることで、消費者にとってブランドをより魅力的なものにすることができるからです。

BRAND sense: Sensory Secrets Behind the Stuff We Buy」の著者であるマーティン・リンドストローム氏によると、重要性で評価した場合、感覚ごとの評価にはわずかな差しかないことが統計で示されています。 五感はすべて、私たちが世界を体験する方法において同じように重要であり、したがって、ブランドが私たちとどのようにコミュニケーションをとるかにおいても同じように重要なのです。

結局のところ、感覚体験とは、感覚や感情を動員するための戦略なのです。一度に利用できる感覚が多ければ多いほど、お客様はブランドとのつながりを感じるようになります。

テクノロジーのおかげで、ブランドの皆様は多感覚マーケティングによってお客様とのコミュニケーションをより効果的にコントロールし、適切な時間と場所において、特別なカスタマーエクスペリエンスを提供することができます。

ほとんど多くのブランド様では、視覚と聴覚への刺激に重点を置いたマーケティング手法に力を入れていらっしゃいます。五感と記憶の関係において最優先すべきマーケティング手法は実は臭覚を刺激するセントマーケティングなのです。

なぜセントマーケティングなのか

嗅覚は、おそらくマーケティングの世界では、最も過小評価されている五感のひとつだと思います。私たちの最も古く、最も原始的な感覚の一つである臭覚は、言葉や視覚でさえ伝えられないことを伝えてくれます。

他の感覚と比べて、嗅覚は脳の大脳辺縁系に直結しています。大脳辺縁系は記憶、感情、行動を処理する役割を担っています。大脳辺縁系を通して処理された経験は、潜在意識レベルで私たちに深く影響を与えます。これが、私たちが聞いたり見たりしたものよりも、匂いの記憶が長きに渡り継続する理由です。

嗅覚刺激は、雰囲気を高め、ブランドメッセージを伝えるためにビジネスのトーンを設定するのに役立ちます。不況の時代であっても、香りを必須のマーケティングアイテムとして優先させるのは賢いことです。香りはリピーターのための試金石となり、新規顧客との絆を築くことができます。

現実世界での多感覚体験

感覚の力を利用することで、あらゆる経験を豊かにすることができます。オーストラリアの美術展会社 Grande Experiences は、従来の受動的な美術鑑賞の方法を変えました。彼らのチームは、世界各地を巡回するVan Goh Alive展において、完全な多感覚体験を創造しました。

ScentAir社は、この展覧会のためにGrande Experiences社と提携し、ユニークな「嗅覚のトレードマーク」を作成できたことを光栄に思います。彼らのチームは、世界のどこで展示会が開催されても、一貫したフレグランス体験を提供できることと、厳しい世界的な安全基準を満たしていることから、香りのパートナーとしてScentAir社を選択しました。この体験のために選ばれたフレグランスは、ゴッホの作品から喚起される感情を捉え、観客はゴッホの絵画の豊かな色彩に没頭することを可能にします。

ブランドの皆様は、多感覚の相互作用がカスタマーエクスペリエンスの無限の可能性を開くことに気づいています。伝統的な小売店やホテルのロビー、空港ラウンジなどのお客様との接点でのフレグランスの使用は、多感覚的な体験を拡大し始めています。

セントマーケティングの有効性が高まる中、ブランドはポップアップストア、季節のイベント、エンターテイメント、アート体験などの特別なプロモーション企画の際に香りの体験を実施しています。

このコンテンツが面白いと思いますか?お気に入りのソーシャルメディアで「いいね!」を押してシェアしてください。

香りのマーケティングがビジネスにどのような効果をもたらすのかを知りたい方は、専門家に相談してみましょう。

Contact Form

ご相談は随時お伺いいたします。