coffee beans

コーヒー豆の神話:フレグランスの小売体験ストーリー

デパートのフレグランス売り場を散策したことはありますか?


コーヒー豆の皿が戦略的にフレグランス売り場の周りに配置されていることに気づいたかもしれません。これは、「コーヒー豆は複数のフレグランスを試す際、臭覚をリセットする」という目的で用意されています。ここからがコーヒー豆の神話の始まります。

あなたの臭覚が、多くのフレグランスを試す際に、混乱してしまうことは、フレグランスを提供する側にとっても非常に懸念されることです。セントマーケティングを提供する側では、果たしてお客様のニーズに合ったフレグランスとその価値をご理解いただいているのか、非常に不安になります。しかし、私たちの臭覚は本当にあまりにも多くの香りによって混乱する可能性があるのでしょうか?

そこで、ここでは、コーヒー豆の神話を払拭し、セントマーケティングが実際にどのようにフレグランス提供者の秘密兵器であるかを探ってみましょう。

嗅覚の洗浄剤としてのコーヒー豆の使用の利用は、ベロイト大学の心理学の学科のアレクシスグロソフスキー博士によって行われた研究に端を発します。彼女は嗅覚適応の影響を軽減する方法として、コーヒー豆、レモンスライス、および普通の空気の効果をテストしました。

その結果、コーヒー豆は実際にはレモンスライスや空気より、嗅覚適応の抑制効果にとりわけ優位性があるものではないと結論付けました。

しかし、嗅覚疲労を回避するために何か違う香りを嗅ぐという考えは、必ずしも完全に根拠がないわけではありません。

私たちの脳は常に、外的刺激に対して“適応”するように設計されています。忙しい世界では刺激が多すぎて、出会うものすべてに常に注意を払うことができません。そこで私たちの脳は、必要のないものを除外することで、外界からの刺激を取捨選択しています。私たちは長い間香りを嗅ぐと、脳はその香りが安全であると認識し、私たちはその香りを無視するようになります。これが、自分以外の人の家にある香りを感じられる原因です。

嗅いでいる香りの種類を切り替えることは、嗅覚疲労を防ぐための良い方法です。コーヒー豆を使ってもいいですが、単にフルーティー、フローラル、またはムスクのような香りで切り替えるだけでもできます。

そのため、1つのフレグランスが同じ場所で頻繁に経験すると、嗅覚疲労が発生します。しかし、顧客がフレグランスを体験している間、嗅覚をクリアに保つことができれば、ほとんどの場合、体験者の脳は臭覚疲労を回避することができます。

しかし、ここで疑問に思うのは、フレグランスリテール店においてセントマーケティングを導入すること本当に利益をもたらすかということです。 

答えはイエスです。

ScentAir社では、長年に渡り、アメリカのみならず世界中の人気のある有名フレグランスブランドと協力してきました。ScentAir社では、投資に対して最大限の効果を得るために、セントマーケティング戦略の策定を支援し、多くの有名ブランドの皆様から貴重なご意見を頂戴して参りました。

フレグランスリテール店では、セントマーケティングをユニークな方法で活用することができます。実際、セントマーケティングとフレグランスリテール店は完璧な組み合わせなのかもしれません。セントマーケティングは、売上を促進し、顧客に商品を体験してもらうことで、ビジネスに大きなインパクトを与えることができます。

セントマーケティングは、フレグランスリテール店が自社の製品をより大きな規模で紹介することを可能にします。セントマーケティングシステムを導入していなければ、より広い空間に香りを一貫して拡散させることはほぼ不可能でしょう。

多くの方は、フレグランス小売スペースが雑多なフレグランスが入り混じったシーンを想像し、疑問をお持ちではないでしょうか。驚くべき真実は、セントマーケティング システムは、実際にフレグランスリテール店により多くのコントロール力を与えるのです。

このシステムは、空間を統一する支配的な、フレグランスを提供します。そして、それだけではありません。

ScentAir社の技術サービスチームと協力して、フレグランスリテール店様は店舗空間全体に香りを戦略的に配置することができ、お客様が店舗を旅する際にユニークな体験を作り出すことができます。そのため、お客様の滞在時間を長くするだけでなく、特定の商品に効果を結びつけることができます。

ScentAir社の最も有名なクライアントのいくつかは、セントマーケティングを最大限に活用しています。これらのブランドは、季節限定のプロモーションと連動してセントマーケティングを使っています。

フレグランス販売を促進するためには、お客様がフレぐランスを実際に体験する機会を作らなければなりません。これらのブランドは、季節ごとに特定のフレグランスをプロモーションする際に、セントマーケティングを利用して、その香りを前面または売り場センターに押し出しています。

エントランスをゾーニングし、プロモーションフレグランスを利用することにより、お客様に商品への興奮を呼び起こし、プロモーションフレグランに直接導きます。これにより、お客様は自分が選んだ商品に集中できるようになり、フレグランリテール店がターゲットとする商品の売り上げを伸ばすことができるようになります。

セントマーケティングへの投資は高いROIに直結してます。多くのブランド様では、セントマーケティングシステムが使用されている際のプロモーションフレグランスに対するお客様からの関心が高まると報告されています。プロモーション商品への関心が高まり、お客様からプロモーションフレグランスへの問い合わせが増えています。

秘密兵器であるセントマーケティングはフレグランスリテール店様に顧客体験を実現していただくマーケティングソリューションをご提供いたします。お客様を、無意識のうちに、フレグランスを試してみたいという動顧に駆り立てることが可能です。 また、フレグランスをパーソナライズして独自のブランド体験を作り出すことができるため、フレグランスリテール店様は競合他社との差別化を図ることができます。

フレグランスリテール店様にフレグランスマーケティングを提案してみてはいかがでしょうか。

まだなら今がチャンスかもしれません。セントマーケティングがあなたのビジネスに適しているかどうかなど無料相談はこちらをクリックしてください。

この投稿は役に立ちましたか?この投稿をFacebook、LinkedIn、Twitterにシェアしましょう。

 

引用

Grosofsky, A., Haupert, M. L., & Versteeg, S. W. (2011). An Exploratory Investigation of Coffee and Lemon Scents and Odor Identification. Perceptual and Motor Skills,112(2), 536-538. doi:10.2466/24.pms.112.2.536-538

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21667761

Contact Form

ご相談は随時お伺いいたします。